ヤングコーンの効能や栄養は?食べすぎによる副作用はある?効果的な食べ方と保存方法とオススメのレシピをご案内

ヤングコーンは低カロリーで、何か一品足りないと思った時、彩として加えるのにもいいですよね。なかなか主役になることの少ないヤングコーンですが、ポリポリとした歯ごたえがおいしくて、肉料理や野菜炒めに加えると、ちょっとしたアクセントになります。

少しマイナーで地味めな食材ですが、栄養価は意外と高いです。

ヤングコーンの効能・特徴

ヤングコーンは「コーン」という名称がつくため、とうもろこしの仲間というイメージがありますよね。見た目も実際、とうもろこしを縮小化したような形です。しかしとうもろこしほど味は甘くなく、食感も違います。実は、ヤングコーンとはとうもろこしの実が大きくなる前にとったものです。

そのため、「ヤングコーン」と名付けられています。味は全然異なるけれど、コーンには変わらないということですね。ヤングコーンはとうもろこしと別物というわけではなく、収穫前の若いとうもろこしということです。

そんなヤングコーンの主な栄養は「炭水化物」です。とうもろこし自体穀物として分類され、主な栄養素は炭水化物となるので、ヤングコーンも炭水化物中心です。エネルギーになるので、パワーがわいてきます。

ヤングコーンに含まれるビタミンB群は糖質の代謝を促してくれるため、食事に取り込んだ糖質の代謝も、活発にしてくえるでしょう。その他には体内で合成されないリノール酸が含まれています。どのような健康効果があるかというと、コレステロール値を正常にしてくれ、心臓病や動脈硬化を予防してくれます。

さらに、肺がんや貧血、子宮けいがん、心臓病の予防にも効果的です。便秘のを改善してくれる食物繊維も豊富です。高血圧を予防してくれ、むくみ対策にもなるカリウムも含まれています。

ヤングコーンの食べ方は?

とりたてのフレッシュなヤングコーンであれば生でも食べられますが、基本の食べ方としては、塩ゆでしてから食べることです。皮つきのままヤングコーンを食べてもおいいしく食べられます。外皮をむかずに、ご家庭にあるグリルでや七輪で焼くだけでもおおいしいです。

外側のこげた葉の部分は捨て、中野柔らかい葉っぱに包まれたヤングコーンを、ひげごとかじるとおいしいです。ほのかに甘みを感じます。ヒゲをつけたままヤングコーンの天ぷらにするのもおすすめです。ヒゲが意外とおいしい食感です。

選び方はどうするの?

ヤングコーンを選ぶ時は、ハリがあってみずみずしいものを選びましょう。大きすぎず、色合いが綺麗に出ているものがいいです。缶詰で売られているヤングコーンもありますが、旬の頃は新鮮なヤングコーンが売られています。ヤングコーンの皮をむいた状態でパック詰めされたものが主流ですが、最近は、外皮がついたものも多いです。

外皮のついたヤングコーンの方が長持ちしますし、内側の皮も柔らかいため食べやすいです。

ヤングコーンを食べ過ぎると危険な副作用あり?

ヤングコーン自体は危険ではありませんが、食べ過ぎた場合、ダイエット中の人は太りやすくなる恐れがあります。というのも、ヤングコーンには炭水化物が豊富だからです。ヤングコーンだけをたくさん食べて太るというのは考えにくいですが、ヤングコーンの他にも、パンやご飯などの炭水化物をたくさん食べている場合には、糖質の摂りすぎになる恐れがあります。

また、食物繊維が多いため、腸が元々敏感な人はお腹が緩くなることがあるため、量を調節しましょう。ヤングコーンはコーンに変わりないため、とうもろこしがアレルゲンの人は、アレルギー反応を起こしてしまうことがあるため、気をつけましょう。

ヤングコーンの保存方法

ヤングコーンは冷凍保存もできるとご存知でしたか?以下のようなプロセスで、冷凍保存ができます。

沸騰したお湯に塩を入れ、皮なしのヤングコーンを4分ほどゆでる

(皮つきの場合は5分)

茹で終わったらザルにあげ、大きいものを食べやすい形にカットする

ジップ付き袋に入れる

冷凍庫へ入れる

冷凍保存の場合、保存期間の目安は1ヶ月です。食べる時は自然解凍で平気です。冷凍のまま炒め物に使うのも有りです。

ヤングコーンのレシピ

ヤングコーンは、サラダや炒め物に加えられることが多いですが、ここではひと味違ったレシピをご紹介します。

・バター醤油ヤングコーン

ポリっとしたヤングコーンの食感と、バター醤油の香ばしい味わいが楽しめる一品です。他の食材と混ぜて使われることの多いヤングコーンですが、こちらのレシピはまさにヤングコーンが主役です。ヤングコーンのおいしさが光るレシピなので、ぜひトライしてみてください。

【材料】

胡椒…適量

塩…適量

ヤングコーン…8本

バター…10グラム

醤油…適量

お湯を沸騰させ、ヤングコーンを入れて3分間茹でる

フライパンにバターを引いて、中火にかける

ヤングコーンをそこに入れて、バターでさっと炒める

醤油を入れて、ヤングコーンに焼き色をつける

完成!

材料がヤングコーンだけで済むので手軽に作れます。おかずに何かもう一品加えたい時や、お酒のおつまみとしてよく合います。

コメント