ケールは生で食べられる?生色用の種類は?生で食べる食べ方レシピも!

ケールは生で食べられる?

栄養が豊富なケールですが、よりしっかりと栄養が取れる食べ方についてお伝えしていきます。

ケールは生で食べられる?生食用はあるの?

ケールは生で食べられるのでしょうか?

苦味が強く、ごわごわとしていて硬くて食べづらい印象のあるケールですが、実は生で食べることができます。

 

というのも、ケールには生食用として作られている種類があるからなんですね。

確かに、普通のケールはアクも強いので生で食べられるかといえば、ちょっと厳しいと言わざるを得ません。

 

それに、お腹の弱い方ですと従来のケールを生で食べることでお腹を壊してしまうこともあるでしょう。

しかし、ケールの栄養をまるごと摂りたいという方も多いですよね。

 

そのような方には、ぜひ生食用のケールを試してみることをおすすめしますよ。

生食用のケールであれば柔らかく、またケール独特の苦味やアクも少ないので非常に食べやすいといえるでしょう。

ケールを生で食べると危険?硬いときは加熱すべき?

ケールは先ほどお伝えしたように、生食用のものであれば生で食べても問題ありません。

そのため、お腹を壊すなどの危険性もないといえるでしょう。

 

しかし、体に良いからといってケールの極端な食べ過ぎには注意が必要です。

これはケールに限らずどんな食材でもそうなのですが、一時的に大量に食べるなど、極端な食べ方をすると逆効果といえます。

 

また、ケールはその独特の苦味に栄養が詰まっているのですが、人によっては生食用でも苦くて食べづらいと感じてしまう人もいるかもしれません。

そのような場合には、生食用であってもまずは加熱して食べやすくし、ケールの味に慣れていくことがおすすめです。

 

それによって、ケールの硬いところも食べやすくなるので、無理をしないで加熱して食べることから始めてみましょう。

ケールを生で食べられる種類は?

 

ケールを生で食べられる種類は、いくつかあります。

そんな生で食べられるケールの中でも、「ベビーケール」という種類は食べやすいのでおすすめです。

 

生で食べられる「ベビーケール」は、ベビーという名前からも分かる通り、従来のケールよりも葉っぱが柔らかくて小さめです。

そのため、サラダなど生で食べることに向いた、非常に食べやすい種類なのですね。

 

そのほか、生で食べられるケールとしては、「ロシアンケール」という種類もおすすめです。

中心部分に赤い色が入っている「ロシアンケール」は、とても栄養価が高いことも魅力的です。

 

ケールに含まれるビタミンなどは、一部を除いて加熱で失われてしまうものもあります。

そのため、生で栄養価が高いケールを食べられるのは本当に嬉しいですね。

ケールの生食用は冷凍やサラダで栄養が変わる?

ケールの生食用は冷凍してしまうと、多少なりとも栄養が損なわれてしまいます。

そのため、生食用のケールはなるべく冷凍させずにフレッシュな状態で食べきってしまうことがおすすめです。

 

しかし、食べきれないなどといった理由から、止むを得ず生食用のケールを冷凍保存したい、という場合もあるでしょう。

そのような場合は、生食用のケールを茹でるなど一旦加熱して、水気を絞ってから冷凍するのがおすすめです。

 

また、生食用のケールをサラダに使う場合でも、水溶性のビタミンなどは水にさらすことで栄養を失ってしまうことがあります。

そのため、生食用のケールをサラダにする場合は、ケールをカットする前にさっと水で洗うのがおすすめです。

 

ケールをカットしてから水で洗うと、切り口から栄養分が流れてしまうので注意しましょう。

ケールの生食レシピや食べ方

ケールの生食レシピや食べ方としては、やはりスムージーがおすすめです。

なぜなら、ケール独特の苦味が苦手、という場合でもスムージーにすることで飲みやすくなるからなんですね。

 

また、ケールをスムージーにすることで、ハチミツやバナナを入れることによって苦味を軽減することも可能です。

そして、できることならば、低速のジューサーを使ってスムージーを作るようにしましょう。

 

そうすることで、ジューサーの熱でケールにダメージを与えることを防ぐことができます。

それによって、ケールの栄養を損なわずに、しっかりと栄養を摂取することができますよ。

 

ケールを生食で食べたいけれど食べ方がわからない、という方は、まずはスムージーにチャレンジしてみてくださいね。

コメント