人参が腐るとどうなる?匂いなどの見分け方は?原因や腐る期間の目安を解説!

人参が腐るとどうなるのでしょうか?

匂いなどの見分け方や原因、腐る期間の目安などをお伝えしていきます。

人参が腐るとどうなる?

人参が腐るとどうなるか、結論から言えば匂いや変色、柔らかいといった特徴が出てきます。

また、食べたときにピリピリとした酸味やカビ臭い匂い、溶けたような食感が感じられます。

 

このような人参を食べた場合は、念のため飲み込まずに吐き出すようにしましょう。

腐った人参を食べると、腹痛や下痢などを起こす恐れがあります。

 

また、すぐに口の中をゆすいで、腐った人参が体内に入らないように意識してくださいね。

しかし、できることなら人参を口に入れる前に腐っているかどうか見分けたいものですよね。

 

そのためには、人参が腐るときの見分け方を知っておくことが肝心です。

そんな人参が腐るときの見分け方を詳しくお伝えしていきますので、いざというときのために理解しておきましょう。

人参が腐るときの見分け方

人参が腐るときの見分け方として、もっとも注目したいのが、

  • 人参から匂いが発生しているか
  • 人参を触ったときにぬめりを感じるか

これらの点です。

 

とくに、人参の匂いを嗅いだときに酸味のある匂いがあるかどうかは見分け方として重要視すべき点です。

また、人参を触ってみたときにヌルヌルとしたぬめりを感じたら、それは人参が腐って溶けている証拠といえるでしょう。

 

人参が腐っているかどうかを見分けるには、このような点に注意しますが、人参の一部がふにゃふにゃとしなびている状態だけでは腐っているとはいえません。

なぜなら、それは単純に人参が乾燥してしまっていることが原因として多いからです。

 

ただし、ぬめりがなくてふにゃふにゃしているだけでも酸味のある匂いを感じたら食べるのはやめましょう。

人参が腐る原因

人参が腐る原因は、余分な水分や湿気が多いところに保存していたり、温度が高いところに放置しているなどの保存状態が影響しています。

また、腐りやすい状態で人参を放置していたり、腐った人参をそのままにしているとどんどん腐敗が進んできます。

 

それに、人参の腐っていない部分にまで腐敗が進んでくるのですね。

とくに、人参の内側が溶けて透明になっていたり、白いカビや黒い点ができてしまうのは致命傷です。

 

保存状態がよければ、ただ人参がしなびてくるのですが、水分が多いとすぐに腐ってしまう原因となるので注意が必要です。

そして、人参の外側の見た目だけでは判別がつかない場合は、包丁で割ってみるのがおすすめです。

 

そうすることで、人参が腐っているのかその原因を突き止めやすくなりますよ。

人参が腐る期間の目安

人参が腐る期間の目安はどのくらいなのでしょうか。

人参は放置しておいても、あまり腐らないイメージが定着している野菜の一つかもしれません。

 

しかし、長期保存が可能なイメージが強い玉ねぎやじゃがいもに比べると、比較的人参が腐る期間は短めといえます。

そのため、人参を購入したら、腐らないよう期間に注意することが必要です。

 

具体的には、人参は購入してから一週間ほどから腐り始めてしまいます。

もちろん、人参が腐る期間の目安は、人参が保存されている状態にも影響されるため一概にはいえません。

 

よって、人参が腐りやすい先の方の状態を確認しながら、なるべく早めに人参を使い切ってしまうことがおすすめです。

また、人参は冷蔵庫と常温のどちらで保存すべきなのかについてもお伝えしていきましょう。

人参は冷蔵庫と常温どちらの方が腐る?

人参は冷蔵庫と常温、どちらの方が腐りやすいのでしょうか。

この疑問について結論から言えば、人参は常温で保存した方が腐ることが多いといえます。

 

なぜなら、日本は高温多湿の気候であるため、その特徴から人参が腐りやすい状況が生まれてしまうからなんですね。

一方で、人参を冷蔵庫の野菜室に入れておくと、温度はもちろん、湿度も低めに保つことができます。

 

よって、人参を常温で保つよりも冷蔵庫で保管した方が腐ることは少ないのです。

ちなみに、人参の消費期限(保存方法を正しく守った状態で、安全に食べられる期間)は設定されていません。

 

そのため、先ほどご紹介した人参の腐っている状態の見分け方を活用し、腐った状態のものは食べないように注意しましょう。

コメント