操作方法

付箋 デスクトップ windows10(出し方・消えた・無料ダウンロード・常に表示・ショートカット・ない・windows7・復元・かわいい・文字サイズ変更・色変更)

 

付箋 デスクトップ windows10(出し方・消えた・無料ダウンロード・常に表示・ショートカット・ない・windows7・復元・かわいい・文字サイズ変更・色変更)

ここでは、 windows10のデスクトップで、付箋を使う方法についてご紹介します。

 

デスクトップに付箋を出しておけば、ちょっとメモしておきたい時にもすぐ付箋を取り出して記入しておけます。

 

忘れないようにするための自分用のメモに使えるのです。

 

windows10の中で使えるため、デジタル付箋ということになります。

 

紙の付箋にいちいち書く手間も省けますし、用が済んだら捨てるという作業もなく削除できます。

 

 

最近はかわいい付箋をデスクトップに貼っておけるため、タスクのモチベーションアップにもつながっているようです。

 

付箋の使い方をマスターし、さらにタスク管理や作業の効率をあげましょう。

 

付箋の出し方は?

 

windows10で付箋を出したくても、出し方を知らなければ使えません。

 

ちなみにwindows10の付箋は、「Sticky Notes」という名称です。

 

工数や手間、時間は少しかかるものの、確実に付箋の場所が分かるのは左下の検索バーで付箋を検索することです。

 

ただ、付箋と打ち込む手間や検索にかけている時間など考慮すると、ショートカットがあればそちらの方が早いでしょう。

 

いち早く付箋を検索するなら、stまで検索すれば表示されるはずです。

 

ほかの出し方では、タスクバーを右クリックし、「Windows Ink ワークスペースボタンを表示」を選んでチェックをonにすることです。

 

デフォルトではoffになっています。

 

onにするとWindows Ink ワークスペースが自動的に立ち上がるでしょう。

 

 

その一番上に「付箋」という項目があります。

 

ここで付箋を選べば出てくるのです。

 

付箋が突然消えた場合

 

windows10で付箋を使っていたら、いきなり消えた!というトラブルもよく報告されています。

 

付箋がいつのまにか消えた場合、sticky notesというアプリを導入することで出てくるようになるかもしれません。

 

付箋がなくてもメモ帳でも代用できますが、付箋の方が小さくてデスクトップに貼り付けたようにできるため、使いやすいでしょう。

 

windows10に搭載されている付箋は、無料で使えます。

 

しかし、もっとかわいいデザインの付箋が使いたい!というあなたは、付箋のフリーソフトをダウンロードしてみるのもいいでしょう。デザイン性豊富なフリーソフトもあるのです。

 

付箋を常に表示しておくには?

 

ちょいちょいデスクトップから付箋が消えて不便…というあなたは、付箋を常に表示しておく設定にしてみては。

 

常に表示させておけば、突然付箋が消えた!ともなりません。

 

常に表示させるには、付箋アプリが起動している時、画面の下にある付箋アプリのアイコンを右クリックし、「タスクバーにピン留めする」という項目を選ぶのです。

 

これで常にタスクバーに付箋のアイコンが表示されるようになります。

 

付箋を今後もよく使用するなら、常に表示させておく方が使勝手はいいでしょう。

 

もちろん突如消えることはないです。

 

付箋ソフトはwindows7にもあった?

 

windows7は古いバージョンですが、付箋ソフトは初期設定で入っていました。

 

windows7の場合、付箋のアプリはアクセサリの中に入っていました。

 

「スタートボタン→アクセサリ→付箋」

というシンプルなステップで使えるのです。

 

文字サイズ変更はできるの?

 

windows10の付箋は、フォントサイズを変えれば文字サイズを変更できます。

 

しかもショートカットでできるので簡単です。

 

  • 文字サイズを大きくする…Ctrl + Shift + >
  • 文字サイズを小さくする…Ctrl + Shift + <

 

色変更はできる?

 

付箋の色も簡単に変更できます。

 

付箋を出して右クリックし、色を選ぶだけです。自分好みにカスタマイズしてくださいね。

-操作方法

Copyright© ZoomをダウンロードするMylife , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.