白菜の効能や栄養は?食べすぎによる副作用はある?効果的な食べ方と保存方法とオススメのレシピをご案内

白菜は美容効果が高いため、特に女性におすすめの野菜です。様々なレシピのバリエーションが豊富で、一年を通して食べやすいです。ここでは、今まであまり探ってこなかった白菜の栄養についてご案内していきます。普段何気なく食べている白菜ですが、具体的にどのような効能が期待できるのでしょうか。

白菜の効能・特徴

肌の老化防止

美意識の高い女性にとって、老化してくる肌を放置しているのは不安ですよね。中側から老化予防していくためにも、白菜は効果的です。なぜなら、白菜にはビタミンCも多いので、アンチエイジングできると期待できるからです。

 

ビタミンCには高い抗酸化作用があります。老化の原因である酸化を抑えてくれるでしょう。さらに、年々減ってくるコラーゲンの生成も促してくれます。そして、肌のハリやツヤアップにつながります。美肌維持、促進したい人にとって、白菜に含まれるビタミンCはとても有効です。ぜひ積極的にとってみてくださいね。

 

便秘が解消できる

 

履く際には食物繊維や大量の水分が含まれています。そのため、便秘改善に役立ちます。便秘が解決することによって、ダイエット効果も増すでしょう。肌荒れや吹き出物も治癒できると期待できます。

 

免疫力を強化してくれる

 

先ほどご説明したように、白菜には美肌効果に優れるビタミンCが含まれています。しかしビタミンCは美肌の効能だけではなく、免疫力を高め、病気を阻止するのにも役立ちます。

 

特に寒い冬になると、体が冷えやすく、抵抗力が落ちやすいです。その隙に風邪ウイルスやインフルエンザ菌が入りこんでしまうと、体調を崩してしまいます。単なる風邪から病気に発展するケースもあるため、抵抗力を強化しておくことは大切です。

 

ビタミンCは、免疫力を高めて風邪予防になります。そのため、冬は白菜鍋にするなどしてたくさん白菜を食べることで、風邪や病気を予防できます。生活習慣病の1つに数えられる脳卒中や動脈硬化、高血圧も防げるでしょう。

 

さらには、白菜に含有されるカリウムが、老廃物の排泄を促してくれ、病気や癌の抑制につながります。

白菜の食べ方

 

白菜の食べ方は、栄養をバランス良く含んでいますが、調理の仕方によっては

栄養が逃げてしまうことがあります…特にビタミンCは火に弱いため、せっかくの効能が

なくなってしまう可能性があります。

栄養の効果を最大限に引き出したいのであれば、生のまま白菜を使うのが好ましいです。

例えば、

 

・サラダ

・漬物

・キムチ

 

として白菜を食べると効果的です。どうしても加熱調理したいのであれば、白菜独特の歯ごたえが残るようにしましょう。栄養素も壊れにくくなります。特にキムチにすると、白菜のおいしさも引き立つ上、ビタミンCを破壊しないで済みます。

 

発酵させるプロセスで乳酸菌が出てくるため、健康効果、美容効果共に高まります。まさに効率の良い食べ方です。

白菜の副作用って何?食べ過ぎると何かいけない?

白菜には基本的に副作用がありません。しかし水分量が多いため、食べ過ぎると下痢になる恐れがあります。元々腸の働きが活発な人は、白菜を食べ過ぎるとお腹がゆるくなる可能性があるので気をつけましょう。

白菜の保存方法

白菜の基本的な保存方法は、冷蔵保存です。しかし、保存方法によっては、鮮度に大きな差が出てきてしまいます。白菜を保存する時は、立てた状態にするといいでしょう。冷蔵庫がいっぱいで白菜が入りきらない場合には、新聞紙に包んで涼しいところに保管しておきます。

 

冬であれば常温保存でもいいですが、冷蔵庫で保存しておいた方が長持ちします。カットして白菜をラップにくるみ、水分が逃げないように保存してくださいね。

白菜のレシピ

白菜は味にクセがないため、他の野菜との相性もいいです。また、厚みがあるため、量を調節する時や盛り付けにもちょうどいい役割を果たしてくれます。そんな白菜のおいしさや彩を生かしたレシピはバリエーションが豊富です。

 

低カロリーでヘルシーなので、何かもう一品つけたしたい!という時は、ぜひこちらのレシピをチョイスしてみてください。

 

・白菜餃子

 

白菜をふんだんに使った餃子なので、新感覚の餃子が楽しめます。小麦粉入りで、羽までカリカリに焼きあげます。タネには白菜と味噌を混ぜます。味噌と白菜は相性が抜群で、味噌が白菜のうまみを引き出してくれうrのです。

 

焼くまでに時間があれば、タネのまま少し時間を置いて保管しておきましょう。そして皮に包んだらすぐ焼き上げると、おいしさがアップします。

 

・豚バラの塩炒め

 

塩で味付けしたシンプルな豚バラ炒めです。白菜と小松菜と、しゃぶしゃぶ用の薄くスライスした豚肉を使います。小松菜のグリーンと白菜のホワイトがちょうどよく調和されて、彩りも綺麗になります。

 

フライパンで具を炒めて、調味料を加えて混ぜるだけの簡単なレシピです。自然なとろみを出すためにも、片栗粉を仕上げに入れると、口当たりもまろやかになって、見た目もツヤツヤになります。

 

コメント