トマト缶の栄養効果や栄養価の高いレシピは?危険性についても管理栄養士が解説!

トマト缶の栄養効果は、生のトマトと比べて高いの?

トマト缶の栄養成分やそれを活かしたレシピ、さらにはトマト缶の危険性まで管理栄養士が詳しく説明していきます。

トマト缶の栄養効果は?栄養素や成分を管理栄養士が解説!

トマト缶の栄養効果は、生のトマトよりも高いといえます。

その理由は大きく二つあります。

 

トマト缶の栄養効果が高いひとつめの理由は、使っているトマトの種類の影響です。

というのも、トマト缶に使われているトマトは、普段私たちが生で食べているトマトとは異なる種類のものだからです。

 

そのため、当然のことながらトマト自体の成分や栄養素にも違いがあります。

具体的には、トマト缶に使われているトマトは、加熱を加えることで旨味を引き出されるタイプで、生のトマトよりも栄養成分が高いのですね。

 

また、そんな栄養効果の高いトマトを加熱して成分を凝縮しているために、トマト缶はさらにトマトの栄養効果を高めているといえます。

これらの点から、トマト缶は生のトマトを食べるよりもリコピンやミネラルなどの栄養素が高いんですね。

トマト缶の栄養価が高い簡単レシピを管理栄養士がご紹介

トマト缶が生のトマトよりも高い栄養効果が期待できることがわかりました。

そんなトマト缶の豊富な栄養価を効率よく摂取できる簡単レシピも合わせてご紹介していきましょう。

 

トマト缶の栄養価を活かすレシピとしては、トマト缶の汁までしっかり食べることを意識することがコツです。

そのため、スープやトマト煮込み、お肉やお魚のソースなどにトマト缶を利用するのがおすすめです。

 

その中でも、季節野菜の煮込み料理である「ラタトゥイユ」は、季節を問わず美味しくトマト缶の栄養価を享受できるレシピです。

また、副菜としてはもちろん、メインディッシュのソースに活用したり、パスタソースとしても利用できますよ。

 

そんなラタトゥイユのレシピは、

  1. 季節野菜を数種類、3cm角くらいに切る
  2. 深めのフライパンに切った野菜を入れ、オリーブオイルと塩で軽く炒める
  3. トマト缶と水、あれば白ワインを入れてじっくり煮込む

これだけです。

 

お好みで、ハーブやチーズなどを入れても美味しいですよ。

トマト缶の危険性は嘘?本当は危険じゃない?

栄養効果が高いといわれるトマト缶ですが、一方で危険性があると聞いたこともあるのではないでしょうか?

しかし、トマト缶の栄養成分の高さを知れば、その危険性の噂は嘘で、危険じゃないと思われるでしょう。

 

実のところ、噂されているトマト缶の危険性とは、トマトというよりも缶詰めに使われている塗料や金属などの成分がトマトに溶け出すことを心配されたものなのですね。

しかし、実際には缶詰めに使われている成分は非常に微量なものであり、体内に入っても問題がないとされています。

 

たしかに、人体に影響を与えうる危険な成分が溶け出す恐れがあるものを利用するのは、現代ではあまり考えにくいですよね。

そのため、トマト缶の危険性は嘘、とまではいいませんが、心配するほど危険じゃない、といえます。

 

ただし、妊婦さんなど胎児への影響が気になる方は、トマト缶以外のトマトを食べる方が良いといえるでしょう。

トマト缶・瓶詰め・紙パックの違い

トマト缶の危険性については、缶詰めを利用しているために微量な成分が溶け出す可能性を示唆したものでした。

ただし、先ほどお話ししたように、細心の注意を払うという意味では、妊婦さんなどはトマト缶の利用を控えた方が良いでしょう。

 

しかし、トマト缶同様にトマトの豊富な栄養価を期待できるのが、瓶詰めや紙パックに充填されたトマト(ジュース)です。

そのため、妊婦さんなどトマト缶の危険性が心配な方は、瓶詰めや紙パックのトマトを利用することをおすすめします。

 

念のためお伝えしておくと、瓶詰めや紙パックのトマトであれば、トマト缶のような危険性はありません。

ですから、栄養豊富なトマトを美味しく、そして安全に食べたいのであれば、トマト缶よりも瓶詰めや紙パックのトマトを利用してみてくださいね。

トマト缶の危険性は中国とイタリアで違う?カルディでは?

トマト缶はカルディやスーパーなどで比較的安く購入できるのが魅力ですよね。

しかし、その安さのあまり、「危険なものが使われているのでは…」と心配してしまう消費者も多いものです。

 

ですが、もちろんトマト缶の安さは危険性を反映しているものではありません。

ですから、カルディなどでトマト缶が安く売られているからといって、そのトマト缶が危険なわけではないのですね。

 

しかし、トマト缶の値段よりも産地には少しこだわりたいものです。

というのは、トマト缶の産地は中国産のものも多いのですが、どうしても農薬などが気になります。

 

それに、本場の産地であるイタリアのトマト缶の方が、やはり美味しいトマト缶であることが多いのです。

これからトマト缶を購入する際には、ぜひ中国やイタリアなどの山地にも注目してみてくださいね。

 

コメント