ipadが充電できない原因は?過放電や電圧が関係?修理の値段も解説!

ipadが充電できないとあせってしまうものですよね。

そこで、ipadが充電できない原因や対処法、修理の値段などを詳しくお伝えしていきます。

ipadが充電できない原因として考えられること

ipadが充電できない・ついたり消えたりする原因は何なのでしょうか?

ipadが充電できないと真っ先に故障が原因だと考えがちですが、まずは身近なところに原因がないか探ってみましょう。

 

たとえば、ipadが充電できない・ついたり消えたりする原因として、故障以外に考えられるのは、

  • コンセントやジャックを差し込んだつもりでいるが、実はきちんと差し込まれていない(意外と多いので注意)
  • 差し込み口や端子部分に異物や汚れが付着、または曲がっていて接触がうまくいっていない

などが挙げられます。

 

「そんな子どもでもあるまいし!」と思われるかもしれません。

しかし、急いでいたりするとやってしまいがちなので、一度チェックしてみるのがおすすめです。

 

しかし、ipadが充電できない・ついたり消えたりする原因は、それ以外にも考えられます。

そのほかの原因についても見ていきましょう。

ipadが充電できないのは過放電や電圧が関係している?

ipadが充電できない原因として、リチウムイオン電池が過放電していることも考えられます。

これは簡単に言えば、電池が古くなって使えない状態になっているということです。

 

電池が使えない状態になっているわけですから、充電ができないのも無理はありませんね。

この過放電の現象は久々にipadを起動した場合などに起こりやすいので、当てはまるか確認してみましょう。

 

もう一つ、ipadが充電できない原因として考えられるのが、電圧の違いです。

これは、ipadの充電をiphoneの充電器を使っている場合などに多いです。

 

ipadとiphoneの充電器は電圧が異なるため、充電ができない状態になってしまうんですね。

ipadが充電できない場合は、これらの原因もチェックしてみましょう。

ipadが充電できない・再起動する場合の注意点

それでもipadが充電できない場合は、再起動を試してみましょう。

これはパソコンなどで不具合が起きたときに試される手法ですが、ipadが充電できない場合でも有効となることがあります。

 

そのため、一度試してみる価値はアリです。

なお、ipadを再起動させる時の注意点としては、一回電源を落としてから再起動させることです。

 

そうしないと、再起動させることで充電残量を減らしてしまうので注意しましょう。

また、ipadの再起動がうまくいかない場合は、電源ボタンとホームボタンを同時に長押し(10秒ほど)すると良いでしょう。

 

ちなみに、ipadの充電が途中で止まることもあるかもしれません。

しかし、この場合は、バッテリーの寿命を延ばすために充電を制限されている状態ですので心配はいりませんよ。

ipadが充電できない・修理に出す前に確認したいこと

ipadが充電できない、そしてご紹介した原因や再起動も効果がないとなれば、いよいよ修理に出すことを検討しなければなりません。

しかし、その前に以下の方法でもう一度、ipadに充電できないか確認してみましょう。

  1. appleが認定しているusbアクセサリから充電を試みる
  2. 充電ケーブルを電源につないだ状態のパソコンから充電を試みる
  3. 壁のコンセントからダイレクトにusb充電ケーブルをipadに接続して、充電を試みる

 

これでipadに電池マークがつけば、充電成功です。

しかし、それでもipadが充電できない場合は、低温など寒い状態で起動しにくい状態でないかも確認してみましょう。

 

悪あがきのように感じられるかもしれませんが、部屋の気温を上げることで復活したケースもあります。

ipadが充電できない場合の修理の値段

ipadが充電できない場合に考えられる原因への対処法をここまでお伝えしてきました。

しかし残念ながら、それでも充電できない場合もあるでしょう。

 

そんな時は、ipadを修理に出すのが良いかもしれません。

でも、やっぱり気になるのがipadの修理にかかる値段ですよね。

 

結論からいえば、ipadの修理の値段は20,000円以上かかることが一般的で、かなり高額です。

しかし、ipadの保証期間中であれば、修理の値段が5,000円以下となることもあります。

 

ipadの保証期間は通常であれば一年間ですが、apple care+に加入していると、ipadの保証期間が二年間となります。

保証期間と修理の値段を確認して、修理に出すか決めていきましょう。

コメント