未分類

読書感想文 書き方【レポート・パクリ・コピペ・本の紹介・サイト・ワークシート・小学生・大学生・入賞作品】

 

読書感想文 書き方【レポート・パクリ・コピペ・本の紹介・サイト・ワークシート・小学生・大学生・入賞作品】

小学生の時、一度は読書感想文を経験しているかもしれませんね。

夏休みの宿題などでも、よくあります。

 

私は小学生、高校生と読書感想文を書いた記憶があります。

 

読書は好きですが、感想文となると行き詰ってしまうことがよくありました…。

得意な方も多いでしょうが、苦手な方も多いはずです。

 

大学生でも読書感想文を書くシーンはあるでしょう。

 

社会人になったら、個人的に読書感想文を書かない限り、あまり書く機会がありません。

しかし読書感想文は、本の紹介や自分の意見をまとめる論理的作業でもあるんですよね。

 

人に説明する力や、文章力、考える力が養われます。

 

読書感想文が苦手でレポートが書けない…という学生さんは、つい他人が書いた感想文をパクリ、コピペしてしまいがちでは?

 

インターネットで本の検索をすれば、他人の読書感想文を参考にできますよね。

しかしやはりパクリやコピペはいけませんね。

 

盗作になってしまいます。

 

それでは、本当に読書感想文が苦手な場合はどうすればいいか?

 

webサイトの中には、読書感想文の書き方のコツを教えているところもありますよ。

 

読書感想文が苦手な原因

 

恐らく下記のような原因で、読書感想文が苦手になってしまうのでは?

 

  • 文章の量が多すぎて何を書けばいいかわからない
  • 時間がかかる
  • まとまりのない文章になってしまう

 

上記はよくありがちではないでしょうか。

 

実は、読書感想文をスラスラ書けるようにするためにも、下準備しておくといいです。

 

その準備とは、付箋を貼ることです。

 

本を読んでいて、ちょっとでも気になった箇所は、あとで振り返れるように付箋を貼っておきましょう。

 

読書感想文のおすすめの構成案

 

読書感想文を書くとき、どういう流れで書けばいいか迷ってしま人、多いでしょう。

そこで、以下のワークシートの順番で書いていくと、何を書こうか戸惑わないと思いますよ。

 

  • 本を読もうと思ったきっかけ
  • 本の紹介
  • 気になった箇所の感想やエピソード
  • 読む前と読んだ後の感情の変化
  • 今後に向けて

 

「今後に向けて」の部分では、本を読み終わって学んだことがあれば、それを生かして今後は自分もこうする!といった、抱負を書きます。

 

自分が本を読んでいて、気づいたことと絡めて書くと説得力が増すでしょう。

 

読書感想文の入賞作品を参考にするならこちら

 

https://www.nara-k.ac.jp/nnct-library/publication/libNo72_4.pdf

 

上記には、入賞作品に選ばれた、大学生の読書感想文です。

 

どんなテイストの読書感想文にすればいいだろう?と迷ったら、ぜひ読書感想文の模範を参考にしてみては。

読書感想文のワンランク上のテクニック

 

  • 自分の体験談を入れる
  • ニュースや偉人の話を含める
  • 本のキャラクターと偉人との共通点を見つける

小学校低学年でしたら、自分の体験談を読書感想文に含めることはできるでしょう。

身近な体験談を読書感想文に入れると、具体性が増してより

オリジナリティあふれる文章になります。

 

小学生高学年でしたらグレードアップし、社会的なニュースや偉人も絡めるとより知的な文章になります。

 

例えば登場人物と歴史上の人物、ニュースで共通する点を見つけ、感想文に反映していくのです。

 

難しそうに聞こえるかもしれませんが、こうした工夫があることで、グンと深みのある文章が書けますよ。

 

読書感想文は難しく考えなくていい

 

読書感想文の書き方に行き詰る人は多いでしょう。

 

読書感想文が苦手なら、比較的読みやすくて簡単な本を選べばいいし、何も難解な本を読む必要はありません。

 

それに、読むこと自体が苦手なら、隅から隅まで読むこともありません。

大まかなあらすじがわかっていて、人に説明できるなら隅々まで読む必要はないんです。

上記のコツを、ぜひ参考にしてみてくださいね!

-未分類

Copyright© ZoomをダウンロードするMylife , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.