未分類

退職証明書【書式・ひな形・理由・ハローワーク・様式・ダウンロード・用紙】

退職証明書【書式・ひな形・理由・ハローワーク・様式・ダウンロード・用紙】

退職証明書とは、これから転職する際に必要です。

 

前にいた会社には不要です。

しかし、今後また新たな会社で就職したい!というご希望があれば、退職証明書が必要なのです。

 

内定をもらった会社から、提出を求められる可能性が高いです。

私も転職した経験がありますが、たいてい退職証明書は必要書類に含まれています。

また、ハローワークで求職活動をする際にも、退職証明書が求められます。

 

もし退職証明書がなければ、退職した会社に請求しましょう。

 

多くの場合、郵送で送ってもらえるはずです。

 

退職証明書の定義

 

シンプルにいうならば、退職していることを証明する書類です。

退職証明書という名前通りの意味です。

 

どうして退職証明書の提示が必要かというと、複数の企業に重複して所属しているのは、法律上違反だからです。

 

退職していないのに、別の新しい会社に入社することは基本的にできません。

 

また、退職証明書によって社会保険加入の資格がないことの証明にもなります。

 

雇用保険や厚生年金、健康保険は複数の企業でそれぞれ入ることができません。

 

転職者が前の企業でそういった資格もすべて失っていることを、証明するのですね。

 

内定前に企業が退職証明書を求める理由は?

 

転職活動の際、企業の選考試験を受ける際には、職務経歴書や履歴書を提出しますね。

 

これらの書類にも、退職した年月日や理由について記載しているはずです。

 

にも関わらず、どうして改めて退職証明書が必要なのか、不思議ではありませんか?

 

この理由は、職務経歴書や履歴書はあくまで自己申告で、裏付けがないからです。

 

退職時期や退職理由について、正しい情報でなければ、採用する企業と転職者との間で

思わぬトラブルが出てしまうのです。

 

特に退職事由に関しては重要です。

 

理由が明らかでなく、不正確だと採用する側もトラブルを起こす恐れがあります。

だから退職した理由については、きちんと把握しておきたいのですね。

 

さらに、退職証明書にはと大事な情報が詰まっています。

 

その会社していた仕事内容や、賃金まで記載されているため、自分にとっても振り返るチャンスです。

 

自分が今後どのような転職先を選ぶかも、退職証明書を材料に定めていけるでしょう。

 

退職証明書と離職票はどう違うの?

 

退職証明書と混同されやすいのが、離職票です。

二つの大きな違いは、発行するところです。

 

退職証明書は企業が発行しています。

内容に間違いがなければ書式は指定されません。

 

退職証明書は、退職所が希望しなければ発行されません。

 

一方で離職票については、国が発行しています。

 

法律で義務付けられているため、申請の有無にかかわらず、社員が退職してから10日以内に発行する必要があります。

 

2枚とも詳しい情報と統一された書式が特徴的です。

 

共通点もありますが、混同しないように違いはしっかり知っておきましょう。

 

離職票とは、企業が管轄のハローワークに離職証明書を提出した時、発行される書類です。

 

離職票には、過去半年間の給料や、出社日などの情報が含まれています。

 

市役所で手続きする国民健康保険の変更や、加入手続き、ハローワークでの基本給の手続きをする際に必要なのですね。

 

退職証明書と同様に、社会保険についての手続きの証明にも利用されます。

 

退職証明書のひな形はこちらからダウンロードできます

 

 

退職証明書の様式には、そこまで厳格な決まりがありません。

 

そのため、インターネットから書きやすい書式をダウンロードすることができます。

 

退職証明書は、雇用保険の手続きや転職活動で必ずといっていいほど必要です。

 

一般の企業では、人事が退職証明書の用紙を準備することが多いです。

 

人事はひな形をダウンロードして使うと書きやすいのです。

 

退職証明書のフォーマットが厳密でないため、ネットからひな形を引っ張ってこれるのはいいですね。

 

こちらのリンクからは、エクセルやpdf形式のひな形をダウンロードできます。

 

退職時の証明

 

-未分類

Copyright© ZoomをダウンロードするMylife , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.