麦茶が腐るとどうなる?臭いや味、飲んだ症状は?常温で飲みたい場合の対処法も!

お茶
TerriC / Pixabay

麦茶が腐るとどうなる?

臭いや味、飲んだときの症状など詳しくお伝えしていきます!

麦茶が腐るとどうなる?臭いは?

麦茶が腐るとどうなるのでしょうか?

まずは、麦茶が腐るときの臭いから具体的にお伝えしていきます。

 

麦茶が腐るときの臭いとしては、納豆臭いと感じることが多いです。

そもそも納豆は発酵しているものですが、発酵は人間にとって有益な状態を指します。

 

しかし、この状態を言い換えれば、腐っているといえる状態なのですね。

つまり、麦茶が腐ると納豆臭いと感じるのは、納豆に近い腐敗臭がするのだということがいえるでしょう。

 

そのほか、麦茶が腐ると納豆臭いと感じるほか、酸っぱい臭いがすると感じることもあるようです。

納豆臭いのと酸っぱい臭いは全然違うように思えますよね。

 

しかし、この違いは、麦茶が腐るときにどのような菌が増殖したかにもよるものと考えられるでしょう。

麦茶が腐ると味はどうなる?

麦茶が腐ると味はどうなるのでしょうか?

具体的には、麦茶が腐ると麦茶の香ばしくて甘い味わいは感じられなくなります。

 

そして、酸味をともなう酸っぱい味へと変化してしまうことが多いのですね。

また、麦茶が腐ると臭いや味の変化のほかにも、見た目もカビのような澱(おり)が浮かんでいることがあります。

 

そのほか、全体的にとろみが出てくることもあります。

こうなると、麦茶は完全に腐っていると判断できるでしょう。

 

納豆臭い・酸っぱい味がする・とろみがある…というのは、残念ながらどれも私たちが知っている麦茶の味わいとはかけ離れていることは歴然ですよね。

なお、麦茶が腐っているかを確認する場合は、いきなり味で確かめるのはおすすめできません。

 

まずは、見た目と臭いで麦茶が腐っていないか判断できないか確認するようにしていきましょう。

腐った麦茶を飲んだ症状

腐った麦茶を飲んだ場合、どのような症状が出るのでしょうか?

まず、腐った麦茶を飲んだ場合の症状として挙げられるのが、腹痛が起こることが考えられます。

 

そして、そのほかにも腐った麦茶を飲んだ症状としては、下痢などの症状が起こる場合があります。

そのため、麦茶が腐る状態であれば、絶対に飲まないようにしましょう。

 

しかし、麦茶が腐っていると気づかずに、飲み込んでしまった場合はなるべく吐き出せないかチャレンジしてみてください。

それが難しい場合は、なるべく安静にして症状が出ないか様子を見ましょう。

 

なお、腐った麦茶を飲んで腹痛や下痢などの症状が現れた場合は、自力でなんとかしようとせず、早めに病院に行くのが一番安全です。

無理をすると悪化することも考えられますので、早めに対処するようにしましょう。

麦茶が腐る日数や注意点

麦茶が腐る日数は、麦茶を保存している環境にもよるため具体的にお伝えするのは難しいところです。

しかし、麦茶が腐りやすい環境に置いておいたり、麦茶が腐りやすい行動をすれば、たとえ1日であっても麦茶は腐ってしまいます。

 

たとえば、夏の暑い日に常温で麦茶を置いておくと、すぐに腐ってしまいます。

そのほか、夏以外の季節であっても、常温で置いておく日数が長ければ麦茶は腐ってしまう可能性が高くなります。

 

また、麦茶をやかんや専用ポットなどに継ぎ足しで入れていくことも麦茶が腐りやすい行動といえます。

というのも、結局のところ麦茶の保存日数が延びてしまうからなんですね。

 

そのため、麦茶は継ぎ足しではなく飲みきってから、新しく作るようにしましょう。

麦茶を冷蔵庫に入れるタイミング・常温で飲みたい場合の対処法

麦茶を腐らせないようにするためには、冷蔵庫に入れるタイミングはいつが良いのかと悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、結論から言えば、麦茶を腐らせないようにするためには、冷蔵庫で麦茶を保管することが大切です。

 

つまり、麦茶を冷蔵庫に入れるタイミングを考えるより、常に冷蔵庫に麦茶を入れておくということなんですね。

そうすることで、麦茶が腐るか腐らないかと心配することも少なくなるでしょう。

 

しかし、麦茶を常温で飲みたい、という場合も多いですよね。

そのような場合は、冷蔵庫から出した麦茶を軽く電子レンジで温めるのがおすすめです。

 

それによって、麦茶を冷蔵庫で保管して腐る心配をしなくて済みますし、また麦茶を常温で飲みたい場合も簡単に対処することができますよ。

コメント