操作方法

windows 10 で電源とスリープの設定を変更します(初期設定・常時ネットワーク接続・スリープがない・デフォルト・効かない・パスワード・電源が切れない)

 

windows 10 で電源とスリープの設定を変更します(初期設定・常時ネットワーク接続・スリープがない・デフォルト・効かない・パスワード・電源が切れない)

windows 10の使用を一時的に休止する時、スリープモードにできます。

 

たいていはデフォルトで「スリープ」というボタンや選択肢が設置されています。

だからスリープモードにしたい時はその選択肢を選ぶだけで、特別難しい操作は不要です。

 

しかし、スリープボタンをあまり使ったことがないあなたにとっては、最初は設定が分かりにくいでしょう。

 

windows 10 で電源とスリープの設定ができます

 

windows 10 で電源とスリープの設定を変更できます。

 

「スリープ」と表示されたボタンがない場合、電源が切れない、効かない時、デフォルトの設定や初期設定の方法、常時ネットワーク接続、スリープがない場合の対処法をご紹介します。

 

windows 10 で電源とスリープの設定を変更します

 

windows10でスリープの設定をするやり方は、

 

  1. スタートボタンをクリック
  2. 設定
  3. 「システム」→「電源とスリープ」を選択

 

これだけのステップなので、シンプルです。

 

もし省電力にするなどオプションを選択する場合には、「電源の追加設定」を選べば、デバイスごとの電源の使用法を変更できます。

 

また、windows10によっては、上記のステップよりもさらに簡略化された手順のものもあります。

 

単純に、電源ボタンを押すと

 

  • スリープ
  • シャットダウン
  • 再起動

 

 

といった選択肢が出てきて、「スリープ」を選べばスリープになるといった流れです。

 

 

 

スリープがどのような目的かというと、使っていない時に言々の供給をいったん止めて節電することです。

 

シャットダウンしてしまうと、再び使う時に立ち上げる必要があり、時間と手間が多少かかります。

 

しかしスリープモードにしておけば、立ち上げに時間がかからず、すぐ元の画面に戻れるわけです。

 

常時ネットワーク接続してあるため、スリープ前に開いていたアプリやファイルもそのままで、作業を続行できます。

 

デスクワークでパソコンを長時間使用するユーザーなら、スリープモードにするシーンは

多いでしょう。

 

スリープがない、スリープが効かない場合の原因

 

スリープボタンがない、スリープが効かないといったトラブルの報告例もあります。

 

このようなトラブルが起きたら、更新プログラムをアンインストールすることをおすすめします。

 

スリープには初期設定が必要?

 

スリープの初期設定は、スリープの時間をどれくらいにするかという設定です。

 

例えば、1分以上パソコンを触っていなければ、自動的にスリープモードにするといった設定にもできます。

 

「次の時間が経過後、PCをスリープモードにします。」という部分を「なし」にすると、どれだけ長くパソコンを使っていても画面はそのままで、スリープモードになりません。

 

しかしもし5分、10分など時間を設定した場合、その時間が経過したら勝手にスリープモードになるのです。

 

電力やバッテリーを抑えるためにも、スリープモードの初期設定をしておくことをおすすめします。

 

スリープから復帰する時のパスワードを設定できる?

 

第三者が勝手にスリープモードを解除し、パソコン操作をしないように、スリープ解除の時にパスワードを設定することができます。

 

スタートボタンから「設定」の項目を選び、アカウントを開きます。

 

サインインオプションでパスワードを入力します。

 

もちろん、パスワードをスリープ解除の都度入力するのが面倒であれば、省略もできます。

 

電源が切れない時は何が起こってる?

 

windows10で、シャットダウンを選択しているのに電源が切れないといったトラブル例があります。

 

誤って「再起動」を押してしまっていないか確認しましょう。

 

たいていシャットダウンと再起動は隣同士、上下で並んでいます。

 

シャットダウンをクリックしたつもりが再起動をクリックしていたというケースはありがちです。

-操作方法

Copyright© ZoomをダウンロードするMylife , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.