未分類

離職票【用紙・ダウンロード・いる・いらない・入手・書き方・事業主・エクセル・退職証明書】

離職票【用紙・ダウンロード・いる・いらない・入手・書き方・事業主・エクセル・退職証明書】

 

離職票は、退職後に基本手当の受注手続きする際に必要です。

 

離職票や退職証明書は、労働者が退職する際に、会社が用意するのが原則です。

 

あるいは、退職者から申請があった場合に発行する義務があります。

 

離職したことを証明するために発行します。

 

義務付けられているため、発行しなければなりません。

退職者自身が離職票を入手し、ハローワークに提出します。

企業が代行してくれるわけではありません。

 

退職後、転職活動をハローワークを通してするつもりなら、いち早く離職票を用意しましょう。

 

離職票を発行するのはどこ?

 

会社がハローワークに必要書類を提出し、ハローワークから会社に離職票が渡ります。

 

そして退職者は会社に求め、離職票を得るという流れです。

 

二度手間に感じるような流れですが、離職票はこういった手順で発行されるのです。

 

いずれにしても、早めに離職票を用意するに越したことはありません。

 

エクセル添付で離職票が提出できる?

 

日本年金機構のホームページでは、所定のエクセル様式の離職票がダウンロードできます。

 

書面申請と同様に必要な項目を埋め、ファイル名を「離職証明書_離職者氏名.xlsx」にします。

 

これを添付する形で離職票の届け出処理ができます。

 

ファイル数は10個が上限です。

 

それ以上のファイルを送る場合は、別の申請として届け出ます。

 

離職票のダウンロードをするならこちら

 

「GビズID」による電子申請、離職証明書のExcel提出が可能に

 

 

離職票の書き方

 

離職票には2種類あります。

 

離職票1のトップには、あなたの名前や被保険者番号がもともと載っています。

 

個人番号の欄は、ハローワークの窓口で直接書き込みます。

 

退職者が事前に用紙に書き込んでおくべきなのは、「求職者給付等払渡希望金融機関指定届」です。

 

給付金を振り込んでもらいたい口座を書き込みます。

 

書き方がわからない時は、ハローワークの窓口でも教えてもらえるでしょう。

 

離職票2は、会社側がすでに書いています。

 

退職理由によっては、失業手当の金額や、受給可能期間が変わってきます。

 

もし離職理由が違う場合には、ハローワークに相談してくださいね。

 

一番条件がいいのは、会社の都合で退職になった場合です。

 

反対に自分の都合で退職した場合は、条件が比較的悪くなります。

 

離職票を交付するのは事業主の義務

 

離職票の発行を申請しているにも関わらず、事業主側が発行してくれない!

といった場合、これはおかしいです。

 

というのも、事業主は本来、従業員が退社したら翌日から10日以内に、離職票をハローワークに提出しなければならないからです。

 

転職のために離職票はいる?いらない?

 

転職先で離職票を求められる場合があります。

 

もうそんなの100も承知だし、扱い方も知っているという方は、すでに転職経験があるのかもしれません。

 

退職するのが初めての人にとっては、離職票って何?

はいる?いらない?という部分から疑問でしょう。

 

結論からいうと、離職票は必ずしもいらないです。

 

しかし、転職先に離職票を求められる場合があるのは事実です。

 

その際は、離職票がマストです。

 

転職先が離職票を求める理由の一つには、退職理由が正確に知りたいからというのがあります。

 

自分都合で退社したのか、会社がクビにしたのか…といった

部分ですね。

ただし、転職先に求められたら提出するのが基本ですが、強制ではありません。

 

どうしても離職票を出したくなければ、出さないでもいいのです。

終わりに

離職票は、社会保険関係の手続きでもよく使われます。

退職した際には頻度が多い書類なので、早めに用意しておきましょう。

-未分類

Copyright© ZoomをダウンロードするMylife , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.