未分類

レポート 書き方【例・構成・会社・大学・英語・テンプレート・見本・実験】

 

レポート 書き方【例・構成・会社・大学・英語・テンプレート・見本・実験】

大学に通っていると、レポートを提出するシーンがたくさんあるでしょう。

 

レポートの書き方に迷う大学生さんも多いはずです。

 

自分でレポートを書くのは嫌だから、誰かに代行してもらう人もいるかもしれませんね。

 

しかし、代行してもらなくても、ネットにはレポートのテンプレートがゴロゴロあります!

 

インターネットのテンプレートを見本として、実験や英語のレポートを作成してみては?

 

自分でレポートの構成を考えるのが面倒な時も、テンプレートがあると助かります。

 

さらに、レポートは大学生さんのみならず、会社員の方も利用できます。

 

ぜひ役立ててくださいね。

 

ここでは、レポートのテンプレートがどこからダウンロードできるかご紹介いたします。

 

レポートのテンプレートをダウンロードするならこちら

 

https://ibooks-japan.com/5.html

 

上のリンクにアクセスし、「wordレポートテンプレート」という部分をクリックすると、自動的にダウンロードできます。

 

レポートの書き方の見本もダウンロードできます。

 

大学のレポートの書き方は?

 

  • レポートの書き方がわからない!
  • 文章をどう展開させていいかわからない!

 

という学生さん、多いのでは。

 

レポートが好きならいいですが、苦手ならレポートの課題はしんどいですね。

 

しかし、レポートは基本さえできていればスラスラ書きやすいのです。

 

上記でご紹介したように、見本やフォーマットがあるだけでも書きやすさは違うでしょう。

 

まず、そもそもレポートとは何でしょうか?

 

レポート=報告書

 

レポートは文章をズラーッと書いているイメージがあるかもしれません。

 

しかし、文章の構成だけがレポートに必要なのではありません。

必要に応じて、図やグラフを挟むこともあります。

 

要は、レポートは報告書なのです!

 

解説文だけをズラーッと書いたものがレポートではありません。

 

事実をわかりやすく明記し、表し、報告するのが狙いです。

 

与えられた問いかけに対し、あなたがどのくらい情報収集をしたかが、報告書すなわちレポートから読み取れます。

 

実験に基づいた結論を書くのも、レポートです。

 

情報収集をきちんとしたか、その結果導きだした答えは何か、きちんと理解しているかといったことが、レポートから感じ取れるのです。

 

これらすべてが読み取れるようなレポートであれば、恐らく評価は高いでしょう。

 

尚、レポート=報告書といいましたが、小論文という面もあります。

 

というのも、情報収集して結論づけるだけでなく、自分の考えや感想、アイディアもレポートに書くことがあるからです。

 

レポートはいってみれば、アカデミックなエッセーです。

 

自分の好きな事を書き連ねた文章は、ただのエッセイでしかありません。

 

書くのにも情報収集はそこまで必要ないかもしれません。

小説のようにスラスラ書けるかもしれませんね。

 

しかしレポートはアカデミックなエッセーすなわち「小論文」なので、図書館にあるようなエッセイ本と違います。

 

レポートの基本の流れ

 

レポートの構成に行き詰った場合は、下記の構成を参考にしてみてください。

 

最もベーシックな構成です。

 

 

  1. 問題提起…【例】果たして本当に~だろうか?
  2. 情報収集
  3. 自分の考え(考察)
  4. 意見の主張…自分はこう思う
  5. 結論

 

レポートの性質を下記にまとめてみます。

 

  • 事実からわかることをメインにしてまとめる
  • 多様な参考文献から情報収集し、そこからわかることを報告する

 

レポートは学術的な文章になるため、論理的に書かなければなりません。

 

日記のように好き勝手書ければいいですが、そうではないため難しく感じるのですね。

 

上記のように、レポートの基本的な構成要素や流れをわかっていれば、レポートの書き方も少し容易に感じるのでは。

 

レポートは会社でも必要?

 

大学であれだけ大変な想いをしたので、社会人になったらレポートとおさらばできる!と

思った方、多いでしょう。

 

しかし社会にいったらいったらで、レポートはあります。

 

というのも、会社によっては研修があるからです。

 

研修後にレポートがいらないところもありますが、研修でわかったことをレポートにまとめる会社もあります。

 

研修を受けて、しっかり学んできちんと理解しているかを、レポートから読み取るためでもあります。

-未分類

Copyright© ZoomをダウンロードするMylife , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.