未分類

onenote(sign in・for web・2016・windows10・office 365)

onenote(sign in・for web・2016・windows10・office 365)

onenote(ワンノート)とは、エクセルやワードと同様にofficeシリーズのソフトです。

 

デジタル式のノートと考えるといいでしょう。

 

議事録やミーティングの時のメモ、名刺や連絡先の整理、企画アイディアをまとめる時の

参考文献などを、記録としてonenoteに入れられるのです。

 

ビジネスや自分のプロジェクトの関係した大事な情報をonenoteに記録しておけば、いつでもアクセスできて効率的です。

 

キーボードで文章を入力できるのはもちろん、ペンで書き込むこともできます。

カスタマイズ性が高く、自分の使いやすい設定にできます。

 

onenoteは、もはやビジネスツールの常識になりつつあります。

 

マイクロソフトofficeに含まれているツールなので、windows10ユーザーなら、onenoteを追加しておいて損はないでしょう。

 

onenote for webを使いたい時

 

onenoteは先ほども説明した通り、マイクロソフトツールの一つです。

 

パワーポイントやワード、エクセルなどのofficeとは違い、無料で提供されています。

わざわざonenoteのソフトを買うことはないのです。

 

windows10ユーザーでしたら、わざわざonenote for webをインストールしなくても、すでに標準搭載されているはずです。

 

ただしwindows7や8をお使いであれば、マイクロソフトからインストールするといいでしょう。

 

モバイルアプリにもonenoteがあります。

 

onenote for webにsign inする時

 

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/onenote/digital-note-taking-app?rtc=1

 

 

web版のonenoteを使いたいあなた。

 

それならonenote for webを利用しましょう。

 

onenote2016は使い続けられる?

 

onenote2016も引き続き使うことができます。

 

しかし標準アプリになるのはonenote2016ではなく、windows10版となります。

 

onenote2016は、windows7や8でも起動するデスクトップアプリバージョンです。windows10にデフォルトで入っているonenoteも無料で使えます。

 

onenote2016は、office2016と同じサイクルで調整されます。

 

office 365やoffice2019のライセンスを持っているユーザーは、これまで通りonenote2016をダウンロードし、使うことができます。

 

しかし新しい機能は追加されない点に注意しておきたいです。

 

windows10ならインストール不要!ブラウザ上から使える

 

windows10なら標準装備でonenoteが入っているし、webブラウザからアクセスできるため、インストールがいりません。

 

基本的にどこからでもonenoteにアクセスできるのです。

 

ブラウザから使用可能なonenote onlineもあります。

 

外出先のパソコンでonenoteが使えなくても、ブラウザからonenoteonlineにアクセスすればいいわけです。

 

sign inできれば問題なく使えます。

 

メールアドレスとパスワードを入力すればsign inできるでしょう。

 

おわりに

 

onenoteはキーボードでもメモがとれますし、指やデジタルペン、マウスを使って書くこともできます。

 

画像や音声を貼り付けるのだって簡単です。

 

ビジネスシーンでもパーソナルでも使用でき、とにかく利用できるシーンが幅広いのです。

仕事上で大事なことをメモして忘れないようにできますし、名刺の管理までonenote一つでできるでしょう。

-未分類

Copyright© ZoomをダウンロードするMylife , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.