未分類

封筒 書き方【数字・いくら・縦書き・切手・料金・入れ方・ビジネス・マナー・履歴書・入札書】

封筒 書き方【数字・いくら・縦書き・切手・料金・入れ方・ビジネス・マナー・履歴書・入札書】

ビジネスマナーとして、封筒の書き方も心得ておかなければなりませんね。

 

例えば履歴書を封筒に入れて送る時や、請求書、納品書、契約書を封筒に入れて郵送する時、封筒の書き方が重要です。

 

もし書き方が間違っていたら、恥ずかしい思いをするでしょう。

 

封筒の書き方も、ビジネスマナーとして基本中の基本で、知っていて当たり前です。

 

新入社員の頃は間違えても許されるかもしれませんが、社会人歴がそこそこ長いのに間違えてしまっては、恥ずかしすぎです。

 

こんなことも知らないのか!と思われないように、ここで封筒の書き方をきちんと知っておきましょう!

 

封筒の書き方はケースバイケース

 

  • 縦書きか
  • 横書きか
  • 個人宛か
  • 会社宛か

 

によっても、封筒の書き方は変わってきます。

 

 

封筒の書き方にもマナーがあります。

最低限、以下のことは覚えておいたほうがいいでしょう。

 

・切手は曲がらないように貼る

・宛名は御中と様を同時に書かない→会社宛は「御中」、個人宛は「様」

・封筒の裏には自分の住所と名前を記入する

・住所は都道府県名から書き出して、省略しない

・宛先に会社名を書く時、(株)などは使わない

 

封筒を郵送する時のマナー

 

・封筒の中に入れる書類は、クリアファイルに挟んでから入れる

・切手の料金が不足しないように貼る

・期限内に確実に届くように郵送する

・中の書類には汚れをつけない

・採用担当者に履歴書を送る場合、書留は面倒なので避けること

・急ぎの場合は宅配便あるいは速達を利用

・送付したことをメールで知らせる

 

これだけ注意事項があると、さすがに参ってしまいますよね。

ですが、慣れてくれば上記がきちんとできないと、気持ち悪く感じるものです。

切手の料金はいくら?

 

日本郵便の窓口に行けば、重さを計ってもらい、切手の代金がいくらか出してもらえます。

 

自分で切手を買って貼る時は、普通のハガキや手紙は84円、重さのある書類の場合は94円以上かかる可能性があります。

封筒に数字を書く時のルール

 

封筒に相手の住所を書く時、数字が混ざることってありますよね。

 

縦書きの場合は、基本的に「漢数字」を使ったほうがいいといわれています。

 

しかし、漢数字を縦書きで書くのって、結構面倒でうまく書けないことありませんか?

私は封筒に漢数字って、書きにくいし違和感があります。

 

普段アラビア数字に慣れているからというのもあるでしょう。

 

日本郵便では、封筒に書く数字を算用数字で統一しているとのことです。

 

早い話が、縦書きでも漢数字じゃなくてOKなんです!

 

書きなれている算用数字でオッケーです。

 

封筒の入れ方

 

封筒の中に手紙を入れる時、小さく折りたたまなければ定形封筒に入らない時、ありますよね。

 

入れ方の基本は、三つ折りです。

四つ折りはなしです。

 

封筒の裏から見て、手紙の冒頭が右上に来るように入れましょう。

 

入札書を入れる封筒の書き方

 

入札書とは、入札案件にかかる金額を書く用紙です。

機関によって用紙が違います。

 

入札書の書き方が条件に合っていないと、無効になることがあるので気をつけましょう。

 

入札書の封筒の正しい書き方

 

入札書はそのまま提出してはいけません。

封筒に入れて送る必要があります。

封筒には封印をします。

封筒の継ぎ目に合わせて封かんしましょう。

封かんとは、封を閉じることを意味します。

 

基本的に、封印は入札所に押印する印と同じものにします。

封筒に封印がないと無効になるので、絶対忘れないようにしましょう。

 

指定された封筒以外で送ってしまった場合も、無効となる恐れがあります。

 

終わりに

 

封筒の書き方、送り方もビジネスマナーの一つです。

履歴書を封筒に入れて送る時も、採用に関わっていると考え、慎重に送りましょうね。

-未分類

Copyright© ZoomをダウンロードするMylife , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.