牛肉が変色・臭いがしても食べられる?茶色や緑、黒い原因は?大丈夫なのかを解説!

牛肉が茶色や緑、黒い色に変色してしまうことがありますが、これでも食べられるのでしょうか?

そのような色になる原因やそのときの臭いの特徴などを合わせてお伝えしていきます。

牛肉が茶色や黒い色、緑に変色する原因

牛肉が変色する理由は、その色によって違います。

たとえば、牛肉が茶色や黒い色に変色している場合は、お肉の断面が空気に触れることで変色しているのが原因です。

 

これは、ローストビーフをスライスした時のことを想像するとわかりやすいです。

ローストビーフを切った直後は、おいしそうな鮮やかな赤い色をしていますが、時間が経つと茶色(赤褐色)やちょっとどす黒い色に変化してきます。

 

しかし、この場合は牛肉が腐っているわけではなく、単なる変色です。

念のため、臭いを嗅いでみて異臭が感じられなければ腐っていないと判断してよいでしょう。

 

ですが、牛肉が緑色に変色している場合は、菌が増殖して腐っているのが変色の原因です。

そのため、お腹を壊す危険があるので食べるのはあきらめましょう。

牛肉が腐って変色しているときの臭いの特徴

牛肉が変色しているときは、見た目だけの判断だけでなく、臭いを嗅いで大丈夫かどうか確かめるのも重要です。

なぜなら、牛肉が腐って変色しているときというのは特徴的な臭いを発しているからなんですね。

 

そんな牛肉が腐って変色しているときの臭いの特徴は、ヨーグルトのような酸っぱい臭いです。

ヨーグルトは発酵して体に良い菌が増えているため、このような臭いがします。

 

しかし、実は牛肉が腐って体に悪い菌が増殖している、いわゆる腐敗している時もこのような酸っぱいヨーグルトのような臭いがしてくるのです。

そのため、牛肉が腐っているときは、緑色の変色があるかどうかとヨーグルトのような臭いがするかどうかを確認するようにしましょう。

牛肉が冷凍で変色する原因

牛肉が変色するのは冷蔵庫に入れている間だけでなく、冷凍している場合にも起こり得ます。

しかし、一般的に牛肉が冷凍している間に変色する原因は、冷凍庫で牛肉が乾燥してしまったことによる変色です。

 

これは、いわゆる「冷凍やけ」というもので、お肉の表面の水分が失われてカサカサになってしまうのが特徴です。

この場合の牛肉の変色は、黒い色をしていて加熱しても元には戻りません。

 

当然、食べても牛肉らしい旨味が損なわれており、臭いも牛肉らしいジューシーな臭いが感じられなくなります。

この牛肉を冷凍したときの変色を防止するには、空気が入る隙間ができないようにラップでギューっときつく牛肉を包むことが重要です。

 

牛肉がトレイに入った状態で冷凍すると、確実に黒い色に変色しますので、防止のためにも必ずラップで小分けして牛肉を包みましょう。

牛肉が賞味期限内なのに変色する理由

牛肉が賞味期限内なのに変色する理由としては、茶色や黒い色の場合は先にお伝えしたように、牛肉の酸化が理由として挙げられます。

これを防止し、おいしそうな牛肉の色を保つためには冷凍による変色を防止するのと同様に、牛肉を空気と触れさせないようにすることが重要です。

 

そのため、空気が入る隙間を作らないようにラップで牛肉を包むようにしましょう。

もしくは、賞味期限内であっても牛肉を早く食べきってしまうのがおすすめです。

 

しかし、牛肉が賞味期限内なのに緑や灰色に変色している場合は、スーパーや家庭などでの保管状態が悪いことが理由で腐っている状態が考えられます。

そのため、そういった変色が見られる牛肉は、食べずに捨てるのがベストです。

変色した牛肉は食べられる?

ここまでお伝えしてきた内容の総まとめになりますが、変色した牛肉が食べられるかどうかは、どんな色に変色しているかをまず意識しましょう。

牛肉が茶色や黒い色に変色している場合は、腐っておらず食べられることが多いですが、念のため臭いを確認します。

 

牛肉からヨーグルトのような酸っぱい臭いがしなければ、参加や冷凍やけによる変色なので食べても大丈夫です。

しかし、牛肉が緑や灰色に変色している場合は、腐っていることが原因で変色しているので食べられません。

 

牛肉の臭いを嗅いでもヨーグルトのような酸っぱい臭いが感じられ、体調を崩す原因となりますので、もったいないですが食べるのはやめておきましょう。

なお、牛肉を賞味期限内に食べきることができない場合は、早めに冷凍することがおすすめです。

 

その際は、冷凍やけが起こらないようにラップでしっかり包み、冷凍後も早めに食べるのがよいでしょう。

コメント