冷蔵庫転倒防止の対策立ててる?賃貸OKのおすすめグッズをご紹介!

おばあちゃんの知恵袋

突然ですが、冷蔵庫の転倒防止対策しっかりと立てられていますか?

地震などの二次災害として発生する冷蔵庫の転倒、あらためて考えてみるとこわいですよね。

 

それもそのはず、地震の際に負傷した人の約半数が、冷蔵庫や家具が転倒したことによる負傷なのです。

打ちどころが悪ければ、いざという時に逃げ出すことも不可能ですよね。

 

しかし、対策と準備をしっかりしておけばそこまで怖がる必要はありません。

冷蔵庫の転倒防止対策について詳しくお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

冷蔵庫の転倒防止対策で大切なこと

冷蔵庫などの重い家電が転倒すると、下敷きになって負傷するだけでなく、逃げ出す通路をふさがれてしまうこともあります。

人間の力では重い冷蔵庫を寄せることは困難ですし、第一に地震の場合は足元も悪いことが予想されるので危険です。

 

そのように逃げ出すのに遅れると、余震や津波などに襲われてしまう可能性もあります。

冷蔵庫の転倒は、このように何重にもまたがって危険を呼び寄せるものなのです。

 

そんな冷蔵庫の転倒を防止するには、転倒防止グッズを活用し、しっかりと転倒を予防することが大切です。

冷蔵庫が倒れてからでは遅いので、しっかり対策することを肝に銘じましょう。

 

冷蔵庫の転倒防止グッズはさまざまなタイプがありますが、住まいに合わせた形態のものを使用することが大事です。

また、冷蔵庫の大きさなども含めて、マッチした転倒防止グッズを使うことも忘れてはいけません。

 

これらのポイントを押さえつつ、実際におすすめの転倒防止グッズをご紹介していきましょう。

冷蔵庫の転倒防止おすすめグッズ「マット」

冷蔵庫の転倒防止おすすめグッズとしては、一番売れている粘着マットがおすすめです。

取り付けも比較的容易ながら、震度7以上にも対応してくれる優れものです。

 

冷蔵庫自体を動かさなくても粘着させるだけで効果のあるマットなので、力が弱い女性やお年寄りでも安心です。

また、何度でも貼ったり剥がしたりできるため、賃貸物件や引越し先でも使いやすいというのもメリットとして挙げられます。

 

冷蔵庫と壁の距離によって、使えるタイプが変わってきますので適したものを使用するようにしましょう。

冷蔵庫の転倒防止おすすめグッズ「突っ張り棒」

冷蔵庫の転倒防止おすすめグッズとしては、突っ張り棒も手軽に付けられて便利です。

ただし、突っ張り棒で冷蔵庫の転倒防止を対策するには、ちょっとしたコツが必要です。

 

意外かもしれませんが、天井は脆く作られているため、地震の際には突っ張り棒で押さえている天井自体に穴が開いてしまうことも少なくありません。

これでは、いくら突っ張り棒を張っていても、意味がありませんよね。

 

それに、突っ張り棒は天井と冷蔵庫に触れている面積自体は少ないため、強度という意味では弱さが目立ちます。

ですから、天井の間に板を入れるなどして接地面積を増やすための追加対策を考えるようにしましょう。

 

また、接地面積自体が広めの安定した突っ張り棒を使用するというのも一つの手といえますよ。

冷蔵庫の転倒防止おすすめグッズ「ベルト」

冷蔵庫の転倒防止おすすめグッズでは、ベルトタイプのものが一番強度も強くおすすめです。

ベルトタイプの冷蔵庫転倒防止グッズは、パナソニックなどから市販されているものあります。

 

また、一見するとベルトタイプの転倒防止グッズは取り付けが困難そうに思えるかもしれません。

しかし実際は、女性でも簡単に取り付けられるものも多いのが特徴です。

 

壁にしっかり固定するタイプの方がもちろん強度は上がりますが、ネジなどを使わなくても固定できるものもあります。

賃貸など壁を傷つけるのが禁止されている場合は、そういったタイプを選んで、上手に冷蔵庫の転倒防止対策を行なっていきましょう。

コメント