法事の回忌は平均でいつまで?早見表で数え方や計算方法を確認!

おばあちゃんの知恵袋

法事の回忌は平均でいつまで行うのかご存知でしょうか?

法事は何回忌もやっていると、いつまで続けるのか分からなくなってしまうこともありますよね。

 

そこで、法事の回忌は平均でいつまで行うのかを確認し、早見表で回忌の数え方、計算方法を理解しましょう。

法事の回忌は平均いつまで?最後はいつ?

法事の回忌は平均でいつまで行うものなのでしょうか?

結論からいえば、三十三回忌を最後の「弔い上げ(とむらいあげ)」とするのが平均といえます。

 

しかし、法要としては七回忌または十三回忌までとし、その後の、

  • 十七回忌
  • 二十三回忌
  • 二十七回忌

などは省略することも多いといえます。

 

そのため、一周忌から三回忌、七回忌までは法事を行いますが、その後は徐々に法事の回数を減らしていくのが平均的です。

また、三十三回忌を省略し、その後の五十回忌で法事を行う場合もあります。

 

五十回忌の法事は、これまでの法事とは少し意味合いが異なります。

というのも、五十回忌まで法事を行うことはできるのは、子孫が繁栄している証ともいえるため、お祝いの意味も込められています。

 

そして、五十回忌は法事の正真正銘の最後ともいえるため、法事の仕上げとして行われることが多いです。

つまり、法事の回忌は平均で三十三回忌まで、そして三十三回忌を省略した場合や可能であれば五十回忌を行うというのが一般的といえます。

法事の回忌早見表

法事の回忌の早見表で、具体的な回忌を確認していきましょう。

ここでは、100日以降に行われる法事の回忌をご紹介します。

 

  1. 百箇日(ひゃっかにち)→49日の次の法事にあたります。
  2. 一周忌→亡くなってから満一年が経った日を指します。ちなみに、一回忌は葬儀のことを指します。
  3. 三回忌→亡くなってから満二年。遺族のほか、親族や友人、知人も参列します。
  4. 七回忌→亡くなってから満六年。法事の規模はここから徐々に縮小し、遺族や親族のみが参列します。
  5. 十三回忌→亡くなってから満十二年。省略される場合もありますが、法事を行う場合は遺族のみで供養します。
  6. 十七回忌→亡くなってから満十六年。
  7. 二十三回忌→亡くなってから満二十二年。
  8. 二十七回忌→亡くなってから満二十六年。
  9. 三十三回忌→亡くなってから満三十二年。このとき、戒名から先祖代々の位牌を祀ります。
  10. 三十七回忌→亡くなってから満三十六年。
  11. 四十三回忌→亡くなってから満四十二年。
  12. 四十七回忌→亡くなってから満四十六年。
  13. 五十回忌→亡くなってから満四十九年。

法事の回忌の数え方や計算方法

法事の回忌の数え方は、一周忌の場合のみ満一年目となります。

その後の三回忌以降は、数え年で数えていくので注意が必要です。

 

そのため、三回忌は満二年で行われるということになります。

ですから、回忌を計算する際は、○回忌から実際は一年少ない年数が経っていると考えます。

 

この違いは、一周忌を一回忌と呼ばないことからも区別が明確です。

三回忌以降は、三と七がつく回忌で法事が行われます。

 

しかし、先にお伝えしたように、十三回忌以降は徐々に省略され、三十三回忌を最後とするのが平均的です。

法事の回忌ごとのお布施や香典の金額

法事の回忌が進んでいくと、そのお布施や香典の金額がどう変わっていくのかも気になりますよね。

法事の回忌ごとのお布施については、

  • 一周忌→30,000円から50,000円
  • 三回忌→10,000円から50,000円
  • 七回忌→10,000円から50,000円

となっています。

 

その後、五十回忌まで10,000円から50,000円の相場は変わりません。

そのため、お布施についても徐々に金額が下がる傾向にあるといえます。

 

法事の回忌による香典の相場は故人との関係性にもよりますが、回忌が進むごとに、こちらも徐々に金額が下がる傾向にあります。

たとえば、一周忌と三回忌で香典を30,000円から50,000円渡していた場合、七回忌以降では10,000円から30,000円まで相場が下がります。

 

なお、香典を渡す場合は、4や9などの数字がつく金額は避けるのがマナーなので、気をつけるようにしましょう。

コメント