防災リュックおすすめランキング!選び方や大きさ、置き場所なども解説!

震災などに備えて防災リュックを準備したいけれど、どれを選べば良いのか分からない…。

あなたもそんな風に悩んでいないでしょうか?

 

そこで、防災リュックのおすすめランキングをご紹介していきます。

防災リュックの選び方やおすすめの大きさ、置き場所なども詳しくお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

防災リュックの選び方や置き場所

防災リュックの選び方として重要なのは、やはりその「機能性」が充実しているかという点です。

便利なアイテムが揃った防災リュックは持っていて安心感はありますが、重くて持ち運びに不便だと体力を消耗します。

 

そのため、必要なものが過不足なく入っているか?ということを防災リュックを選ぶ際には重要視すべきです。

また、防災リュックの選び方は、リュック自体の大きさも考慮しなければなりません。

 

おすすめのの選び方は、その防災リュックを背負う人の肩幅や体格、体重に合わせて選ぶようにすることです。

そして、子供の場合はそれにプラスして身長も加味して選ぶようにしましょう。

 

具体的には、防災リュックが肩幅よりも大きくないもの、そして体重の20%程度の重さで選びます。

子供の場合は、10Lから20L程度の負担が少ないものを選ぶのがおすすめです。

 

そのほか、防災リュックの置き場所としては、寝室または玄関がおすすめです。

これらを目安に、実際におすすめの防災リュックランキングをご紹介していきましょう。

防災リュックおすすめランキング第3位:非常用持ち出し袋36点セット

防災リュックとしておすすめなのが、非常用持ち出し袋36点セット」です。

こちらの防災リュックは、東日本大地震の際に、実際に福島県で被災した方が考案した防災リュックというのが特徴的です。

 

そのため、あらゆる角度から被災時に必要となるものを検証されているので非常に実用性の高い防災リュックといえます。

防災リュック自体のデザインもとてもシンプルなので、男女問わず利用しやすいのもポイントです。

 

避難する際に必要な一日から二日程度の食料を中心に、コンパクトに詰め込まれた防災リュックなので、ひとまずこれを準備しておけば安心です。

しかし、最低限の物のみが入っているとも言い換えられるため、さらに必要なものを追加した方が使い勝手は良くなるでしょう。

 

特に、食料を数日分足したり、携帯電話などの充電器、睡眠環境を整えるグッズなどはプラスした方が安心です。

防災リュックおすすめランキング第2位:ディフェンド・フューチャー

防災リュックとして次におすすめしたいのは、「ディフェンド・フューチャー」という防災リュックです。

こちらの防災リュックは、三日分程度の食料や睡眠環境を整えるグッズが入っているため、数日間は安全を確保しやすい防災リュックといえます。

 

また、こちらの防災リュックの大きなポイントは、LEDライトも収納されていることです。

防災グッズに必須ともいえるLEDライトは、普通は防災リュックに含まれておらず、別に準備しなければならないことも多いアイテムです。

 

それに、収納されているLEDライトはただのライトではなく、防災機能を兼ね揃えたなかなかの高機能であることも魅力です。

  • ソーラー発電
  • 手動発電
  • スマホの充電
  • ラジオ

などの機能がライトについているので、追加で揃えるアイテムが少なくて済むのも特徴といえます。

防災リュックおすすめランキング第1位:地震対策30点避難セット

防災リュックで一番おすすめなのが、「地震対策30点避難セット」です。

こちらの防災リュックは、リュック自体が高機能で防炎・防水加工が施されているのが特徴です。

 

そのため、防災リュックを準備していたのに使い物にならない…といった状況を防ぐことができます。

食料などは約二日分程度の量が入っていますが、内容としては最低限ともいえます。

 

そのため、防災リュックを背負う人に合わせて、追加の準備をした方が良いでしょう。

また、スマホの充電器や睡眠サポートのグッズも準備しておけば、さらに防災リュックとしては安心できますね。

コメント