ボーナスの所得税、増えた?減った?高いのは税率?年末調整はどうなる?

おばあちゃんの知恵袋

ボーナスが入るたびに、「思っていたより少ない…」と嘆く方も多いと思います。

その原因の一つは、ボーナスからかなりの額の所得税が引かれているためだったりしますよね。

 

そこで、ボーナスの所得税について、その税率から計算シミュレーションなどを確認していきましょう。

さらに、ボーナスの所得税が増えたり減ったりする理由や、年末調整で払いすぎた所得税が戻ってくるかについてもお伝えしていきますよ。

 

これらを知っておけば、毎回ボーナス額を見るたびに嘆くこともなくなります!

それでは早速、確認していきましょう。

ボーナスの所得税の税率

ボーナスにかかってくる所得税というのは、実は先払いで計算されています。

つまり、その年の年収を見越して、前もってもっていかれてしまうんですね。

 

後から支払うのは面倒だったりするので、楽といえば楽です。

しかし、勝手に取られている気がしておもしろくない、といった方も多いでしょう。

 

そんなボーナスの所得税ですが、所得金額に応じて税率が設定されています。

一般家庭でいえば、所得額が330万円から650万円までのお家も多いと思いますが、その場合の所得税率は20%です。

 

そう、所得のうち2割が所得税として差し引かれているんですね。

ちなみに、控除額427,500円となっていますが、やはり2割も所得税として引かれるのは「ツライなぁ…」というのが率直な感想ではないでしょうか。

ボーナスの所得税計算シミュレーション

ボーナスの所得税額の計算シミュレーションとしては、所得額から社会保険料を引いた金額に対して、所得税率をかけることで算出します。

ここでいう所得額とは、前月の給料を意味しています。

 

そして、所得額から差し引く社会保険料は具体的にいうと、

  • 厚生年金保険料
  • 健康保険料
  • 雇用保険料

などが含まれます。

 

ただし、以下のような場合は、例外となります。

  • 前月の給料から10倍以上のボーナスが出たとき
  • 育休などによって、前月分の給料がないとき

こちらについて詳しく知りたい方は、国税庁のホームページ(https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/2523.htm)で確認してみましょう。

ボーナスの所得税が増えたor減った理由

ボーナスの所得税計算シミュレーションで確認したように、所得税が増えたと感じた場合は、お給料がアップしたときです。

また、忙しくて残業代がいつもの月よりも増えている可能性もあります。

 

反対に、ボーナスの所得税が減ったと感じた場合は、お給料自体か残業代が少なくなったことが考えられますね。

しかし、それらに一喜一憂する必要はありません。

 

なぜなら、前月のお給料はあくまで参考程度としてみられているためです。

そして、最終の年末調整で帳尻を合わせるようになっているからなんですね。

 

誰だって、前月の残業代だけでボーナスの所得税を多く取られていたらやってられませんよね。

しかし、ボーナスでもっていかれる所得税は、あくまでも「仮押さえ」として考えておくのが一番です。

 

それでは、年末調整でボーナスの所得税が戻ってくる場合について、詳しく説明していきましょう。

年末調整でボーナスの所得税が戻ってくる場合

年末調整でボーナスの所得税が戻ってくる場合というのは、6月のボーナスで、本来支払うべき金額よりも多めの所得税が差し引かれていた場合です。

つまり、ボーナスが出る前月が普段より残業代が多かった場合などが想定されます。

 

そのほか、転職によってお給料が下がってしまった場合や保険の控除が影響することも考えられます。

6月のボーナス時に多く支払っていた分を年末調整で返してもらっただけなのですが、なぜかこのときは得をした気分になってしまいますよね。

 

しかし、年末調整では逆に追加で所得税を徴収されてしまうこともあるので、喜んでばかりはいられません。

6月ボーナスの前月が、いつもより残業が少なかった場合などは当てはまりますので、注意しておきましょう。

コメント