アイビスペイントの使い方!初心者でも分かる色の塗り方や線画の描き方をご紹介!

おばあちゃんの知恵袋

アイビスペイントの使い方って、初心者にはなかなか難しいですよね。

そこで、初心者でも分かるアイビスペイントの使い方をご紹介します!

 

iPadがなくてもきれいなイラストが描けてしまうアイビスペイント。

ぜひ参考にして、使いこなしてみてくださいね。

アイビスペイントの使い方の流れ

アイビスペイントの使い方で、欠かせない必要なものがいくつかあります。

アイビスペイントを使う前に、これらのものを準備しておきましょう。

  • エンピツ(シャープペンシル)
  • 消しゴム
  • ペン
  • スマホ

ペンは線が濃くハッキリ描けるものがおすすめですよ。

イラストをスマホで撮影する際に、とても便利です。

 

また、スマホは「アイビスペイント」のアプリをダウンロードしておきましょう。

iOSデバイスはこちらからダウンロード ↓

‎アイビスペイントX
‎シリーズ4,500万ダウンロードの大人気の本格お絵かきアプリです!2,500点以上の素材!1,000種類以上のフォント!312種のブラシ!51本の画像加工用フィルター!46種のスクリーントーン!27種のレイヤーブレンドモード!作画工程動画機能!手振れ補正機能!定規機能!集中線定規!対称定規!クリッピングマスク! *...

アンドロイドはこちらからダウンロード ↓

アイビスペイントX - Google Play のアプリ
シリーズ4,500万ダウンロードの大人気の本格お絵かきアプリです!2,500点以上の素材!700種類以上のフォント!312種のブラシ!51本の画像加工用フィルター!46種のスクリーントーン!27種のレイヤーブレンドモード!作画工程動画機能!手振れ補正機能!定規機能!集中線定規!対称定規!クリッピングマスク! *お絵か...

 

そして、具体的なアイビスペイントの使い方手順はこちら。

  1. 紙に、エンピツ(シャープペンシル)で下書きを描く
  2. 下書き部分をペンでなぞって清書する
  3. 消しゴムを使って、下書き部分を丁寧に消す
  4. できた線画イラストをスマホを使って写真を撮る
  5. アイビスペイントに線画を取り込み
  6. アイビスペイントで色塗り

このように、単純なステップでとても使いやすいのがアイビスペイント。

 

そのため、初心者でも簡単に使いこなすことができますよ。

それでは、アイビスペイントの使い方の詳細をそれぞれ見ていきましょう。

アイビスペイントの線画のポイント

アイビスペイントの使い方として、最初の難関が線画の描き方です。

先ほどお伝えした通り、線画に使用するペンはスマホで撮影しやすい、濃い・ハッキリと描けるペンがおすすめ。

 

具体的には、「つけペン」や「サインペン」などがおすすめです。

また、線画を描き終わった後は、消しゴムできれいに下書き線を消しておくと、修正も少なく済みますよ。

 

そして、アイビスペイントでの線画の取り込み方法はこちらです。

  1. アイビスペイントのアプリを開く
  2. 「マイギャラリー」をタップ
  3. 「写真読み込み」をタップ
  4. 線画抽出を行う
  5. スライダー調整

このような流れで、アイビスペイントに線画を取り込みます。

 

線画取り込みのポイントとしては、スライダー調整で線をハッキリさせること!

また、線画以外の部分はなるべく白くしておくのが、きれいに仕上がるコツです。

 

次に、アイビスペイントの色の塗り方について、説明していきましょう。

アイビスペイントの色の塗り方

アイビスペイントの色の塗り方手順はこちらです。

  1. 「+」で新しいレイヤーを作成
  2. レイヤー長押し→線画に移動
  3. 左から二番目のペン型アイコンを選択し、色塗り開始

ざっくりと、このような手順で行います。

 

レイヤーとはそもそも層のことで、線画に直接色塗りするのではなく、レイヤーを利用することで失敗しにくくなります。

また、色塗りはツールの「塗りつぶし」か「ブラシ」を分けて使うのがおすすめ。

 

広範囲に色を塗りたい場合は「塗りつぶし」を使い、細かい部分の色塗りは「ブラシ」を使うようにしていきましょう。

アイビスペイント保存の仕方

アイビスペイントの保存の仕方は、以下の手順で行いましょう。

  1. 画面右下の「←」をタップ
  2. マイギャラリーの右上、右から3番目のボタンをタップ
  3. 保存形式を選択
  4. 保存場所を選択

以上で、アイビスペイントを簡単に保存できますよ。

 

たったこれだけで、初心者でも簡単にきれいなイラストを描けてしまうアイビスペイント。

さっそく使いこなして、お気に入りのイラストを作成してみてはいかがでしょうか。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント